松本隆博 プロフィール

兵庫県出身のシンガーソングライター

2007年に「尼崎なオカン♪」でデビュー後、 2008年にはソニー・レコーズからメジャーデビュー (楽曲「お母ちゃんの言うとおり」)。 また同年には赤ちゃん育児用品販売の最大手アカチャンホンポ の店内ソング「親友(親の友と書いて親友)」を製作発表、 育児産業からも注目される。

その頃から「”経営者+歌手”の二束のわらじ」 が立ち行かなくなりついに一大決心し独立。 2010年にミニアルバム「かぞく」、2012年「アーティスト」 を発売、オリコンインディースシングルデイリーチャート19位 を記録。 全国のタワーレコードで3位、関東渋谷店では1位を記録。
「シンガーソングライター松本隆博」を確立すべく音楽活動に 専念し、今では”有名人の兄”という肩書きを覆すべく認知度 も急上昇中である。

松本のコンサートのスタイルは”講演ライブ形式”。 家族の絆や、親への感謝、また元企業経営者 (ITベンチャー企業役員)であった事から「働くとは」や 「もっとビジネスに感謝のメソッドを」といった、 音楽家で有りながら社会人経験を活かしたテーマでも行い、 歌を交えての”講演ライブ形式”は絶大なる自信を持って おりイベント依頼も殺到中である。
ステージではスクリーンに映像を映しながら進めていく スタイルで、テーマに合致した楽曲を歌い、観客を一瞬の うちに「感動と涙と笑い」に包んでしまうと定評。
とくにコンサート内で歌う楽曲「すきやき」は松本少年が母との エピソードを切なく可笑しく歌い、その世界観に賛同した。 フォークソング界の重鎮、石川鷹彦がギター演奏で友情出演している。
2013年には5年間通算1千回のイベント回数を達成した。 (警視庁からの依頼で“振り込めさぎ撲滅ライブも各地で開催中)
2014年4月には中学校の教科書にも松本の活動が2ページに 渡り掲載されている。(岩手県の教科書副読本「震災に歌で関わる」)

また書籍も執筆。

  • 学習研究社「ng」
  • 主婦と生活社「松本家のオカン」
  • 秋田書店「松本の兄」

日本を元気にする活動にも果敢に挑戦。

  • 厚生労働省わかものハローワーク広報大使
  • 「NPO法人 赤ちゃんファミリー応援隊」理事
  • 助産師マタニティサポート顧問アドバイザー

シンガーソングライターとして

シンガーソングライターとしての松本隆博のこだわり!

歌詞(言葉)への拘りは半端じゃなくそこに全身全霊を注ぐ。
”全ての歌詞に意味がある。全ての曲の一言一言に、何故その言語を採用したかについては語ると止まらない位である。 それだけの拘りにも関わらず、松本隆博の詩の世界は実にシンプルで実にストレートである。 そこに温かみと誰もが忘れかけてた事柄を思い出させる言葉の深さを兼ね備える

正に、シンガーソング→ライターである。

■「松本隆博オフィシャルサイト|社会貢献的エンターティナー」
http://www.takahiro.cc/

© 2014 家族の絆.jp

▲TOP